生産性のある業者を選ぶ|チラシ印刷の品質を安心して任せましょう

特殊なハガキの作成依頼

葉書

特殊ハガキを作るには

ハガキに書いた内容を送り主以外に見られたくない場合、圧着ハガキが便利です。圧着ハガキとはハガキの倍の大きさの紙を二つ折りにして特殊なノリを使ってハガキの大きさに貼り合わされたものです。接着したところを剥がすのに、道具もいりませんし手も汚れないので非常に便利です。ハガキの倍の面積の紙に情報を大量に書き込めることと、通常のハガキと同じ郵便代で送れるメリットもあります。圧着ハガキを作成するには、シーラーマシンという機械が必要で、個人で購入して作成する方法もありますが、キレイに作成したいなら専門の印刷業者に依頼する方が確実です。業者に依頼するにあたって必要なデータは、まず圧着ハガキに記載するデータです。文章だけでも文字の大きさやフォント、色等も指定する必要があります。写真やイラストデータを記載する場合は、データを印刷会社に送って下さい。但しデータ容量に制限を設けているところもありますので事前に確認しましょう。宛名と郵便番号も必須です。データの送信方法はメールで送信もできますし、CDRを郵送する方法もあります。またHPに入稿用画面を用意してくれている印刷業者もありますので、自身にあった方法で作成して送って下さい。そして仕上がりイメージも確認しておきましょう。自身のイメージと異なる場合は業者に具体的に修正箇所を依頼しましょう。肝心の圧着ハガキの作成費用の相場ですが、作成枚数によって変わります。データ印刷と宛名書き、郵便代込みの場合は1000枚で約13万円です。